骨粗鬆症の効果的な予防方法を知ろう~コツコツ健康骨元気~

医者

骨が折れてしまう病気

病棟

骨粗鬆症は、高齢の女性がなりやすい病気です。この病気になると、姿勢が悪くなったり、転倒で骨折し易くなります。生活に支障をきたすので、とても恐ろしいです。昨今では、病院で骨を強くする薬を処方してもらえるので、悩んでいる方は相談すると良いです。

詳しくはコチラ

カルシウム代謝異常

病棟

生活をしていく中で怪我をしてしまうことがありますが、骨粗鬆症の場合は骨折など大きな怪我になりやすくなってしまいます。そのため、食事療法や運動療法、薬物療法などでしっかりと治療することが求められています。

詳しくはコチラ

ビタミンDを含む日光

ちょっとして転倒などで骨折して、寝たきりになる老人が増えています。そのような事態を防ぐために、こちらで骨粗鬆症の予防方法をチェック!

50歳くらいからが人気

医者

男性と女性では、それぞれにおいて罹患する疾患が異なることは、広く知られていることです。特に女性の場合には、女性特有の疾患が男性特有の疾患よりも多いので、よく問題になるのです。そうした女性特有の疾患の一つに、骨粗鬆症という疾患がありまして、予防法が話題になります。もちろん男性においても、骨粗鬆症は起こるのですが、圧倒的に女性のほうが、罹患率が高いのです。その背景となっているのが、女性の月経が終了する、閉経によって起こる女性ホルモンの分泌の低下です。そのため骨粗鬆症という疾患は、50歳以上の女性において、とても多い疾患になります。したがって女性の場合には、50歳くらいから骨粗鬆症の予防をすることが、人気になっているのです。

毎日適度に当たること大切

骨粗鬆症を予防する方法は様々ですが、主に行われているのは二つの方法です。まず一つ目に、日光に当たる方法があります。人間の身体にとって、日光に当たることは、単に日焼けをする効果だけではありません。日光の成分の中には、実はビタミンDが含まれているのです。ビタミンDは、骨を合成する際に使われる成分なので、これが少なくなると骨粗鬆症になり易いのです。もう一つの方法が、医師に相談しながら、食事などに気をつけて予防を行なっていく方法です。過剰に日光に当たると、皮膚がんなどのリスクも発生します。したがって、一度に過剰に当たるのではなくて、医師に相談しながら、日光に当たる時間をコントロールしたうえで、骨粗鬆症にならないためのアドバイスを医師に求める必要があるのです。

骨がスカスカになる病気

女性

骨粗鬆症は、骨のカルシウムがへって骨折し易くなる病気です。主に更年期の女性に多く、骨折箇所が悪ければ寝たきりにもなってしまいます。病院では骨粗鬆症の検査を行っているので、気になる方は検査を受けると良いです。

詳しくはコチラ

Copyright©2015 骨粗鬆症の効果的な予防方法を知ろう~コツコツ健康骨元気~ All Rights Reserved.